« 白子 ミートショップ「カネサカ」のつくねが旨い・安い | メイン | 大多喜 道の駅「たけゆらの里」おすすめ商品(2) »

2012年5月27日 (日)

大多喜 森のカフェ「抱(ハグ)」(2)

Dsc05178_2

大多喜の里山の中へ続く小径を進んでいくと、径が狭くなりUターンはもちろんのこと、対向車とのすれ違いは無理となり、さらに50m進むと5ナンバーの乗用車では横から張り出してくる植物とぶつかるようになります。

ああ、この小径で大丈夫なのだろうかと 心細くなったころ、案内の矢印が現れ「抱(ハグ)」へたどり着くのです。

        大多喜 森のカフェ「抱(ハグ)」

「抱(ハグ)」は古民家カフェといったらいいのでしょうか。

小さな家屋に客用テーブルが2つきり。表に申し訳なさそうに、ホームセンターで買ってきたような簡易式のテーブルが1つ。

静かにしていると、家屋を取り巻いている木々のなかから、ホーホケキョが聞こえてくる。蝶がてふてふ飛んでくる。足元の緑の中には、小さな虫が動いている。

         抱(ハグ)は 森のカフェなのです。

Dsc05188Dsc05189

コーヒーは1杯500円です。茂原の新進のパティスリー キュイッソンのケーキは350円。セットにするとケーキ50円引きです。

注文を受けたマスター(ご主人ではなく マスターとか マイスターとかのほうが お似合いかと)が、丁寧にドリップしていきます。待っている間も、緩やかな時間が流れていきます。

         富良野の「森の時計」に行ってみたいわ

テレビドラマに出ていた静かな時間が流れる喫茶店を思い出したのです。

Dsc05181Dsc05182

おいしいコーヒーを飲んでいると、パティスリー キュイッソンのケーキです。

Dsc05186タルト・オランジュは オレンジのタルトです。

丁寧な仕事です。オレンジの表面に焼いた跡が見えます。

芳しいコーヒーに、甘く酸っぱい切ないオレンジが、寄り添ってきます。

おいしいです。し、このケーキを300円で食べさせてくれるとは嬉しいです。

こんな素敵な時間を過ごすことができる場所は、滅多にありません。本当にコーヒー好きな人に来てほしいと思うとともに、多くの人に来てもらえる準備はありません。いえ、多くの人に来てもらいたくないのです。

矛盾していることは分かっているつもりなのですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「抱(ハグ)」は駐車場が2~3台しか用意されていません。向かう径はとても狭いです。ご注意下さい。

初めての訪問記事:http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/mobara/2011/09/post_2204.html

茂原のパティスリー キュイッソンの記事:

http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/mobara/2011/10/2_6538.html#more

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  

Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/167656/23449319

この記事へのトラックバック一覧です 大多喜 森のカフェ「抱(ハグ)」(2)

コメント

今週、長生村の”KUSA"へ行きパンをget
いつ行ってもマスターのコーヒーは美味です。

>casperさん
今度一の宮のフレンチレストラン&cafe”Pole-Pole"
ぜひいってみようと思います。
近くには 寿司冨や 清寿司がありますね。こちらも行きたい店なのです。

最近、気に入ったフレンチレストラン&cafe”Pole-Pole"
1ヶ月で2回ランチに行ったのは房総半島で珍しい事happy01
初回はランチプレート&ケーキを頂きました お魚と小さいバゲット、10穀米かな?少し、サラダ 味はvery good、でもケーキも含め 小食の私でも足らない量でした。
2回目は豚のアラカルト これも味はgoodwineが飲みたくなる気分

他のぺージでもコメントしましたが
場所は: R128を下り、一宮駅のロータリーをすぎ、線路を通過し海岸方面へ 左にファミマ その1本手前の右側にカーブミラー その反対の道路を左折 しばらく行くと左側に小さな看板が(見落としそうな大きさ)
予約してから行った方が良いと思います。restaurantcafe

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近の記事

最近のトラックバック

Powered by Blogzine[ブログ人]